弔いはやっぱりタイミング。青木のお坊ちゃん。


by specialmixjuice

「自称ぽっちゃり女」VS「私は自分のことを"デブ"ってちゃんと言いますから女」の対立構造について

太った女の人たちに「マシュマロ女子」という頭の弱そうな名前がつけられて以来
デブの世界はさらに殺伐としてきた。

元々自分のことを「ぽっちゃり」と呼ぶデブに対してもその風当りは強かった。
しかしマシュマロというスイーツ感たっぷりの語感がそれに融合し、ついに世の男たちの
イライラが爆発してしまったのだ。
今、以前にも増して太った女の方を執拗異常に叩く声をよく見かける。


自分的にはどうでもええやんという感じだったのだが
この流れはまた別の「良くない流れ」を生み出していることに気づいてきた。





「最近マシュマロという言葉にかまけてデブが進出している
私は昔から太ってるから、そういう甘えたクソ女を増やさないでほしいと切実に思う
どっちかって言えばデブと呼んでほしい」
「てか何がマシュマロだよ お前らデブだろ?」


などの主張をするデブの女たちが出始めてきているのだ。
(上の発言はツイッターで見かけました)


いわゆる「私はお前らとは違う系流派」がデブ女界にも表れてきたのだ。
「私はお前らとは違」系流派」とは同族嫌悪由来のひねくれものたちだ。

例えばオタクがメディアにもてはやされた時にも
「あんな生ぬるいオタクはオタクじゃねえ。俺たちみたいな本当に気持ち悪い奴らが真のオタクだ」
などと真性キモキモ系過激派たちが出現した。

ロリコンが増えてくると
「ファッションロリコンの野郎どもめ、俺たち真のロリコンこそが本物の犯罪者予備軍だ」
という「俺たちはファッションロリコンとは違うぜ軍団」が出現する。

これらの
「私はお前らとは違う系流派」には共通の特徴がある。
自分達の欠点を開き直って主張し、それを自分たちのアイデンティティとし
自分達より欠点の度合いが少ない人たちを執拗に非難するのだ。


今回のマシュマロ女子の話でも

マシュマロ女子ブームに乗っかっちゃうデブ女



そんな女とは違う『私達は自分をちゃんと自覚できてるデブですよ』アピールをするデブ女

の対立構造が見て取れる。
この後者の人たちが僕はどうも手放しに肯定できないんですよね。
彼女たちのこの発言は
攻撃的に見えて実は、非常に保守的というか守り・保険をかけてると思うんですよね。
実は
「私は自分のことデブだって分かってますから、自称「マシュマロ」「ぽっちゃり」の女とは違う
 ので私のことは叩かないでください」アピールだと思うんですね。
これ凄くひねくれまくってて要は
自虐風攻撃的ガードになってるんですよね。

僕はこの何重ものギミックがどうも卑怯に思えるんですよね。
この例で言えば
「自称マシュマロ女子」を攻撃してるのは
結果的に自分を守るための行為なんですよ。

これネットでは非常に多いんですよ。
「私はこんなやつとは違いますよ!(だから叩かないで!)」つって
同じデブ女なのに同族をいけにえに差し出してガードしてるんですよね。

そうすると、卑怯だし臆病だし根性ひん曲がってるな~とか思ってしまって。
彼女にとって敵はマシュマロ女子では無く
マシュマロ女子を叩いてる男たちのはずなんですよ。

なのに自らをデブと自虐してマシュマロ女子を攻撃することによって
「マシュマロ女子を叩いてる男たち」相手にポイントを稼ごうとしてるわけ。
この裏切りというか寝返りというか、
こういう発言をする人を僕は信用したくないなーと思ってしまいます。

だからやっぱり同族同士でいがみ合っててもあんまりいいことねえぞってことですよね。
[PR]
by specialmixjuice | 2014-01-30 02:22