弔いはやっぱりタイミング。青木のお坊ちゃん。


by specialmixjuice

朝日奈央いい

昼にすき家を食いに行った。

メニューが決まり「すいません」というと
浅黒い肌の店員がキョトンとした表情で「えっ……あっ……はい」と言った。
飲食店の外国人店員の接客はこちらを不安にさせる。
変な間が空くし、ちゃんと伝わっているのかよくわからない感じになる。

店員の名札を見ると「成田」と書かれていた。(いや日本人だったのかよ!)




すき家の店内には「すき家RADIO」というオリジナルのラジオ番組が流れている。
そこで「三代目牛丼キング」というペンネームの奴が
「学生時代、部活の県大会で優勝したら好きな娘に告白しようとしていたのですが、
結局、優勝できなくて、最後まで告白できずじまいでした」
というエピソードと共に、三代目J Soul Brothersの曲をリクエストしていた。

「三代目牛丼キング」。
「三代目」は三代目J Soul Brothersからとったのだろう。
「牛丼」はすき家のラジオに投稿する名前だからそれに寄せてきたのだろう。
「キング」ってなんだ?どこから出てきた?

三代目 J Soul Brothersと牛丼を掛け合わせて
「三代目牛丼ブラザーズ」だったらわかる。
俺だったらもう少し凝って「三代目 牛Soul Brothers」にする。

なぜブラザーズのところに出どころ不明の「キング」というワードを置いたのか。
4人兄弟に「一郎」「二郎」「政明」「四郎」と名付けるのと同じくらい
気持ち悪くて整合性の取れていない、美しさのかけらもないネーミングだ。
言葉遊びのセンスが絶望的に欠けているのか。
そういった細かいところを考えることができない人なのか。

社会人にもなって、自分のペンネームに「キング」とか付けてしまうのは
●●●●(本当に言葉が悪くて申し訳ないので伏字)に近いと思う。
小学生じゃないんだからみっともないと思う。

「学生時代、部活の県大会で優勝したら好きな娘に告白しようとしていたのですが、
結局、優勝できなくて、最後まで告白できずじまいでした」
という、本当に何も起こってないエピソードを送る神経もだいぶキテる。
(それを採用する「すき家RADIO」も頭おかしい)
告白して失敗しました…なら、まだわかる。
優勝もしていないし、告白もしていない。
まったく何もしていないのだ。
何もしていないエピソードを語ったくせに
三代目J Soul Brothersの曲が聴きたいとリクエストしているのだ。
もはや無礼だ。

そもそも、どこで生まれ、どういう教育をされ、どんな映画や音楽やマンガを見聞きすれば
すき家の店内ラジオにエピソードを投稿しようと思い立つ大人になるのか。
人間の中でも突然変異の種であり、本物の変態だと思う。
そういう奴らが確実に存在していて、今日も同じ電車に乗っているのだ。
それはとても恐ろしいことで、俺が世界を一生理解できないということなのだ。


ということを考えていたら、同時に牛丼を食べ始めた老婆がすでにお会計をしていた。
「老人に食べるスピード負けたわ」と思ったら、その老婆、4分の3くらい残していた。

[PR]
by specialmixjuice | 2017-08-17 00:22