弔いはやっぱりタイミング。青木のお坊ちゃん。


by specialmixjuice

<   2013年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

夜中のテレビ

小学生の時、柴内君という一番の親友が居た。
僕と柴内君は二人とも父親を幼い頃に亡くしていた。
自分と同じ父親死んじゃってる勢として大変親しみを感じて仲良くしていた。

ある時、柴内君を含めた4人で遊んでる時、何かのゲームをすることになったんだけど
そのゲームが2対2で戦うゲームだった。
そこでは僕&柴内チームと後の2人チームに分かれたのだが
僕がずっと
父親死んでるチームと父親死んでないチーム」って言ってたのだが
父親死んでないチームの2人があまり笑ってないのが気になった。

僕たちはそこら辺は完全に吹っ切れているのだが、彼らはきっとまだ親が死ぬという体験をしたことがなく、恐怖で笑えなかったのだろう。

僕たちは何か変だ。
父性を注がれずに生きてきた違和感がある。
僕は親が死んだだけで強くなった気がしている甘ちゃんなのかもしれない。
[PR]
by specialmixjuice | 2013-11-29 03:41

IDOL

1年生がゼミを選ぶために行う研究発表会というものを学校でやっていた。
「私たちんゼミはこんなことしてますよー」的なことを1年生に説明・プレゼンするものである。

自分はプレゼン担当だったので100人くらいという非常に大勢の1年生の視線突き刺さる中でゼミでやってることを説明していたのだが、噛んでしまい、「アイデア」を何故か「アイドル」と言ってしまった。



「~ですから、ここで出たアイドルが…、アイデアが…」

ってなった。



すごく嫌だった。
[PR]
by specialmixjuice | 2013-11-26 22:19
「キチガイぶりやがって問題」というのが存在する。

狂った作品などに対して「キチガイぶりやがって」という種の批判をする人たちがいることだ。
「キチガイ演じるな」「エセキチガイが」ってな感じでとにかく
普通の人があたかも「私は特殊な人間ですよ、どうですかかっこいいでしょ」的な振る舞いをすることに過剰反応する人。


普通の人が「狂気」を自分の作品の中で出すのは全然アリだと思うので、そこに噛みつくのはおかしい気がする。

確かに現実の場(平場)やTwitterとかで、キチガイ発言したり、リスカ写真上げたり、特殊性癖自慢を嬉々としたりする人とかは
「うわ、特殊な人に憧れてるよ、目障りだな…」とは思うけど
グロ描写ヤバいキチガイ漫画とか前衛的なキチガイ音楽とかに対してすらその嫌悪感を持ち出して批判してくる人たちがいるでしょ。
それは違うだろと思う。

別にその人たちは自分がキチガイを目指してるわけじゃなくてたまたまそういう作風のものを作っているだけで
結構作者本人は常識人だったってこと多いですよね。


「キチガイ作品」「前衛作品」を過剰に排除しようとする人ってのは
そういうのが良いとは思わないけど、それを評価してるの方が人が「分かってる」みたいにされちゃうことへの
コンプレックスを持ってると思うんだけど、自分の理解に及ばないもの・良いと思わないものを
そんなに過剰に叩いてもあまり意味は無いし、はたから見てても気持ち良いものではないですよ。と思う。





藤子・F・不二雄の名言に

ふつうの人であるべきだと思うんです。
その上で、なにか自分だけの世界をひとつは持っているべきじゃないかと思うんです。


っていう超良い言葉があって、僕はこれともう一つ蛭子さんの
「幸せそうな感じをあまり表に出すと嫉妬されて良いことは無い。
 だから幸せでも、俺はそれを表に出さないんだ」
っていう言葉と共に
「2大人生の指標の言葉」
にしてるんだけど、これを

「リアルでキチガイぶんな!本人自体は普通なのに作品が思いっきりぶっ飛んでるのが一番かっこええやん!」


っていうのに変換していつも胸に刻んで生きているのだけど、
「お前の作品、キチガイぶってる。キチガイぶんな!」って言われたらおしまいだからね。





現実世界の段階から狂ってるアーティストで凄いアーティストもいる。正直。
そんで、それに嫉妬もある。
「この人、体の芯から完全にぶっ飛んでる…悔しいけどかっこいい!」ってなる人もいる。
もちろん
「うわ、キチガイぶってるけど、作品弱っ…プッだせえwww」
って人もいる。
それは本当に人それぞれで、リアルも作品もひたすら大真面目でそれがブレない人とかを見て
「この人、ロボットみたいだな…たまにふざけたくなんないのかな…ある意味一番狂気を感じるな…」
って思うときもある。
だから何がかっこいいかを一概に定義するのが一番良くないんだけど
少なくとも作品に対して
「○○ぶりやがって!」っていう批判は何も意味が無いと思う。

だから「キチガイぶりやがって問題」の結論。
なんかの作品を批評する際に「キチガイぶりやがって」を使うことは無意味だが
たまに大学とかにいるただ単に変わった人になりたいだけの人は
ムカつくからガンガン叩いて行こうぜ。

っていう結論で僕は大丈夫です。
[PR]
by specialmixjuice | 2013-11-24 14:34